ランディングページの制作を依頼する前にしておくべきこと

ランディングページを制作する前、もしくはランディングページの成果が思うように上がっていない方はご覧ください。制作する前に明確にしておくべき3つのポイントをご紹介します。

目的の明確化

目的の明確化

はじめに、ランディングページで達成させたいこと(目的)を明確にします。

商品やサービスを購入してもらうことが目的なのか、資料請求をさせることなのか、見積もり依頼をしてもらうことなのか。中には、無料サンプル配布やオフィス・店舗の求人募集が目的だと言うこともあるでしょう。

無料でできる資料請求やサンプル配布のハードルは低くても、商材を購入する場合は、クレジットカードの情報を入力するなど、お金の支払い時に高いハードルが生じてしまいます。購入していただくことを目的とするなら、画像や数字による権威付けなどの情報量を豊富にして、購入することによるメリットをユーザーに感じ取ってもらわなければなりません。

ターゲットの明確化

ターゲットの明確化

目的が明確になったら、次はターゲットを明確にしましょう。

いわゆるペルソナといわれる架空のキャラクターを生き生きとイメージしてみます。名前・年齢・性別・家族構成・職業・役職・年収など統計学的な内容の他、趣味やライフスタイルなどそのターゲットになる人物像を具体的にイメージします。ターゲットに合う人物として、詳細に決めていきます。そうすることによりペルソナで設定された人物から出てくる、日々の小さな悩みや感情と関連した商材の強みを発見し、アピールできます。

また、社内メンバーや制作会社など各関係者とターゲットについて認識を共有できます。現行の作成や打ち合わせでもイメージしやすく、効率的にランディングページを制作できます。

商材の強みやユーザーが得るベネフィットを明確に

自社の商材が持つ強みや競合への優位性は、地域や価格、品質、アフターフォローなどのサービス面の充実などです。これらはユーザーが得られるメリットにつながります。ネットでの情報のデメリットは、商品に触れられないことです。そのデメリットよりも商品への興味関心が勝った時、購入ボタンやお問い合わせボタンが押されます。

強みや特徴、ユーザーが得られる利益を明確にするには、例えば6W2Hを使います。6W2Hは下記のそれぞれ頭文字で、マーケティング戦略を立案する際に有用です。

  • When:いつ
  • Where:どこで
  • Who:だれが
  • Whom:だれに
  • What:なにを
  • Why:なぜ
  • How:どのように
  • How much:いくらで

ランディングページの制作を依頼するならGarattにお任せください。日々変化するインターネットの世界ですが、成果につながるホームページ、ランディングページのノウハウを日々蓄積しています。SNSと連携させて問い合わせを増やしたいとお考えの方、インターネットに詳しくない方やデザインに自信のない方も、まずはご連絡ください。

東京でWEB制作が安い商業用デザインを提案する【Garatt】

会社名 株式会社ヴァンガードテクノロジー ウェブ事業部
住所 〒151-0061 東京都渋谷区初台1-51-1 初台センタービル
運営責任者 清水 賢吾
TEL 03-6276-6468
お問い合わせ窓口 garatt@vantec.biz
URL https://garatt.net