ランディングページ(LP)を制作するメリット

ランディングページ(LP)を制作したいとお悩みの方へ、制作するメリットを3つご紹介します。ランディングページはデザイン性が高いものが多く、成果を上げるためには欠かせません。周知や集客のような営業活動を担ってくれるので、時間や人員不足に悩む中小企業や個人事業主の強い味方です。

ユーザーは知りたい情報を得ることが可能

ユーザーは知りたい情報を得ることが可能

ランディングページは、従業員・スタッフの代わりに営業活動を行ってくれます。ユーザーが知りたい情報を、全て伝えることができるのが特徴です。

例えば、通常のホームページであれば会社情報やお客様の声、料金の見積もり依頼ページなどを自分で見つけなくてはなりません。しかし、ランディングページの場合、ユーザーが知りたい情報を得るためにすることは、ページを縦にスクロールするだけです。他のページに移らずとも知りたい情報を得られるのは、ストレスのないサイト閲覧になり、それが成果にもつながりやすくなります。

理想的な順番で効果的に営業トークが展開可能

理想的な順番で効果的に営業トークが展開可能

ランディングページでは、優秀な営業マンのようにユーザーの興味・関心に沿って情報を伝えることが可能です。

通販番組や営業トークを思い出してみてください。「こんなお悩みはありませんか?」と、悩みを共有することから始まるのがほとんどです。そして、その悩みが商品やサービスを利用したことで解決されることを伝え、その上で商品・サービスの強みを紹介しています。ユーザーの関心を十分に引き付けた後、「お問い合わせは今すぐ」と伝えるのが理想的なトークです。この順番が違っていたら、多くの人の関心は薄れてしまうかもしれません。

ランディングページは縦にスクロールするという特徴があるため、優秀な営業マンのトークを再現でき、伝えたい情報を順番に、そして効果的に伝えられるのが大きなメリットです。

訴求力の高いページを制作できる

ここまで、ランディングページを制作すると、

  • ユーザーが知りたい情報を得ることができる(伝えたいことを全部伝えることができる)
  • 優秀な営業マンを再現することができる(伝えたい順番で伝えることができる)

とお伝えしてきました。

その2点が満たされるからこそ、ユーザーを特定の行動へ誘導できるという、「3つ目のメリット」につながります。ランディングページは多くの場合、購入ボタンなど、ゴールとなる行動以外のボタンがありません。そのゴールへ導くためのストーリー作りが必要です。例えば「お問い合わせ」がゴールだとすると、そのお問い合わせボタンを押していただけるように、悩みの共感→解決方法の提示→お客様の声→そして「お問い合わせ」へとなるような流れで導きます。

また、画像や図をふんだんに利用したデザイン性の高いページは、ユーザーへの訴求力も高く、それがゴールである成果につながりやすいというのも特徴です。

デザイン性の高い効果的なランディングページを制作したいという方は、東京にあるGarattへご依頼ください。Garattのランディングページが、事業主様に代わって営業活動を行います。ランディングページの制作を依頼する会社にお悩みなら、まずはお気軽にご連絡ください。

東京でWEB制作が安い商業用デザインを提案する【Garatt】

会社名 株式会社ヴァンガードテクノロジー ウェブ事業部
住所 〒151-0061 東京都渋谷区初台1-51-1 初台センタービル
運営責任者 清水 賢吾
TEL 03-6276-6468
お問い合わせ窓口 garatt@vantec.biz
URL https://garatt.net