東京でHP制作を安い料金で依頼するなら【Garatt】へ!飲食店やアパレルなどデザイン性を求めるHP制作もお任せ~フォントを効果的に使うためには~

東京でHP制作を安い料金で依頼したいとお考えなら~飲食店のHPもおしゃれにデザインする【Garatt】まで~

東京でHP制作を安い料金で依頼したいとお考えなら~飲食店のHPもおしゃれにデザインする【Garatt】まで~東京でHP制作を安い料金で依頼したいとお考えでしたら、【Garatt】までご連絡ください。東京の【Garatt】では安い料金でデザイン性の高いHP制作が可能です。
お客様には最初に、基本のレイアウトとカラーをお選びいただきます。それ以降はディレクションを担当するブランドデザイナーがデザインを対応するため、デザインに自信がない方も安心してお任せください。
飲食店やアパレルショップ、美容室など、業界やサービス内容を問わず、おしゃれで魅力的なデザインのHPを制作します。

フォントを効果的に使うためのポイント

フォントを効果的に使うためのポイントHP制作をする際、デザインや画像、文章にこだわることも大切ですが、フォントもHPの印象を決める重要な要素です。
他の要素がどんなに優れていても、HPの雰囲気に合わないフォントを使用していると、見ている人に上手くイメージが伝わらなかったり、違和感を与えてしまいます。
フォントを効果的に使うためには、3つのポイントを押さえることが大切です。

書体の持つイメージで使い分ける

高級感がある「明朝体」、直線的でインパクトのある「ゴシック体」、親しみやすさがある「POP体」、和風で柔らかいイメージの「楷書体」など、フォントには様々な種類があります。ブランドイメージやターゲット、読みやすさ、見やすさを考慮して、最適なフォントを選びましょう。

太さ・文字間・サイズを調整する

長文は細めのフォントで読みやすく、文字間は不自然にならないよう統一、タイトルは大きくしてインパクトを持たせるなどの工夫が必要です。

少ない種類のフォントに統一する

同じページに異なるフォントを多用すると、見づらい印象を与えてしまいます。使用するフォントはタイトル・見出し・本文で3種類前後にとどめるなどして、全体的に統一感を持たせることがポイントです。

HP制作が安い東京の【Garatt】~テンプレートでの制作で低価格を実現~

HP制作が安い東京の【Garatt】では、機能やデザインをテンプレートからお選びいただくことで、おしゃれなデザインを低価格で実現しています。デザインの方向性や仕様についてしっかりヒアリングを行いますので、その後のデザインはすべてお任せください。テンプレート以外のデザインや機能の追加についても有料で対応致します。お気軽にご相談ください。

東京でWEB制作が安い商業用デザインを提案する【Garatt】

会社名 株式会社ヴァンガードテクノロジー ウェブ事業部
住所 〒151-0061 東京都渋谷区初台1-51-1 初台センタービル
運営責任者 清水 賢吾
TEL 03-6276-6468
お問い合わせ窓口 garatt@vantec.biz
URL https://garatt.net